2016年の書き溜め

no-image

過去の文章を整理していたら、謎に供養に困るものがあったので、ここでお焚き上げしようと思います。
なんだこれ。

「将来、僕もパパみたいな性行為中の若い男女の枕元に立って『はっはっは、元気なのはいいことだが、避妊はちゃんとしろよ』っていうお仕事に就きたい!」
「ケンジ!?どうして、それを知っているんだ!?!?」

「ケンジ・・・お母さんも聞いてくれ・・・。実は俺は、会社を首になったんだ・・・。その時に、いわゆるJKという奴に援助交際を求められ、なにもかもどうでもよくなっていた俺は、過ちを犯してしまった・・・。しかし、ホテルに入りシャワーを浴びて、いざそういうことをする時に、俺の良心がこういうことはいけない!と、俺を呼び止めてくれた。」
「挿入れたの?」
「お母さん、ケンジの前だ。ちょっと急かさないでくれ・・・。
やっぱり父さん、これでダメだと思ってな。こういう行為をしている若い男女に警鐘を鳴らす。そんな存在になろうと思ったんだ。それがすべてのはじまりでな」
「挿入れたの?」
「母さん」
「それでお父さんはどうしたの?」
「それから、父さんはクビになったことをみんなに黙って、毎日ジムで体を鍛えたんだ。そして、『法人団体若い男女に警鐘を鳴らす会』に入って、そういう活動をしてたんだ・・・」
「挿入れたの?」
「母さ・・・」
「挿入れたの?」
「・・・挿入れた、さ」
「気持ちよかった?」
「いつもの3倍は出た」